施工管理

CONSTRUCTION

​施工管理の業務

 

施工管理は、建築工事や大工工事、屋根工事、内装工事など建築に関する工事の

施工計画を作成することです。また、現場での工程や品質を管理する立場も任されます。

施工計画は、施工図をもとに、人員の割振や機材、

工期を想定して行わなければなりません。そのため、建築施工管理技士の役割は非常に重要です。

eaf66198da511c40b969c2982db013d3_m.jpg

​多くの従業員や職人を統率し

責任をもって業務を遂行する。

  現場代理人の主な仕事は施工を管理することです。

  予定通りに工事を完了させるために、多くの協力会社の

  作業員や職人を統率し、マンションの居住者様に

  不快な思いをさせることなく施工を進めていく必要があります。
  そのためには工事の流れを理解し、責任をもって

  業務を遂行しなければいけません。
  また、協力会社に対しても様々な形で

  コミュニケーションをとることも非常に大切です。

​向上心溢れる方を是非募集します

ASKING FOR FELLOWS
WHO CREATES IDEAL COMPANY WITH US